2014年08月08日

そうだ!内装を洗おう!……?(゚Д゚)〜フルフェイス編〜

毎日暑い日が続きますねー(´Д`;)
フルフェイスはどんなに進化を遂げても涼しくなることはないのでしょうか…。
昔に比べると風の入りは格段に良くなっているはずなのに…。
それとも夏が暑くなりすぎている?( ゜д゜)温暖化?!
暑い…暑い…('A`)。暑さのせいかそんな事ばかり考えております。

そしてフルフェイスを被って汗をかくという事は、内装も汗をバンバン吸ってますよー…。
まだまだ暑い日も続くだろうし、ここはひとつ内装を洗濯しよう!!(*゜∀゜)=3

いやーこんなこともあろうかと内装が外せるモデルにしておいてよかった!
早速洗濯を…

IRヘイズ.jpg

………(゚д゚ )?( ゚д゚)?

IRヘイズ.jpg

( な…内装ってどうやって外すんだ…ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ)



画像が多くなりますので続きへ…


それでは。内装の外し方と洗濯の注意!!ヽ(*´∀`)ノ


まずは頭の部分にあたる『システム内装』を外しましょう!
この内装は脱着が簡単です!Σd(゜∀゜d)
襟足部分と額部分のボタンを外すだけです!
システム内装後1.jpgシステム内装前1.jpg


さぁここからが難関です。。(゚□゚;)
頬の部分の『システムパット』を外しましょう!
まずはシステムパットの形をご覧下さい!
システムパット1.jpg
前と後ろにツメがある!
これを覚えておけばツメが折れてしまう確率はだいぶ減ると思います(´・ω・`;)
ではツメの事を覚えておきつつ、システムパットを外しましょう!

前のツメはヘルメットの窪みにはまっています。
そのまま外そうとすると、もちろんツメが折れてしまうので
出来るだけ後ろに引っ張って引き抜く様なイメージです。
システムパット2.jpgシステムパット3.jpg
お疲れ様でした!ヽ(*´∀`)ノ
ここまで出来れば、あとはするりと外せるはずです!

さあ内装を洗おう!…という前にもう一つ注意が!(☆ω☆*)

システムパットはカバーを外してカバーのみ洗濯して下さい!
下図右側の白い発泡rライナーは衝撃を吸収する為のパーツですので水洗いは駄目絶対!!
 システムパット4.jpg
内装は手洗いが理想ですが、個人的にはネットに入れれば洗濯機でもいいかと思いますヽ(*´∀`)ノ

さあ洗濯もしたし明日からは気持ちよくヘルメットを被れるぞー(*゚∀゚)
…と、その前に、ヘルメットに内装をつけましょう(;´∀`)

頭の部分のシステム内装は前記の通りボタンでとめるだけなので割愛。。

まずはシステムパットの真ん中の穴にアゴ紐を通します。
そしてアゴ紐をぐいぐい通しつつシステムパットを元付いていた場所へ…。
先程とは逆で、後ろのツメを先に窪みに入れます!
システムパット5.jpgシステムパット6.jpg
後ろのツメがはまったら外す時と同様。
システムパットを掴んで、後ろに引きつつ今度は前のツメを入れます!
システムパット7.jpg

完・成!!ヾ( ゚∀゚)ノ゙

せっかく内装が外れるのにつけっぱなしで外したことない…(・´ω`・)
という方!多いのではないでしょうか??
この夏はぜひお試し下さい!!(*゜∀゜)=3




posted by ナップス港北店 at 18:36 | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。